2017年6月13日
「ユリトピア」というビアン百合ソーシャルネットのリンクを貼りました。僕も参加しています。
2017年2月4日
何も変わっていませんが本年もよろしくお願いします。
2016年2月2日
本年もよろしくお願いします。
2012年7月21日
あの黒歴史SNSこと『Girlx』が別の形で帰ってきた!
かのかのちゃんねるオープン!!
2012年2月8日
サイト内CSSマークアップ改良作業中。
2010年12月10日
あと半年は大丈夫(振り込んできました)
2010年7月19日
サイトデザイン改装中です。
2010年6月1日
チャットルーム必要ないなーと思って消しました。
2009年11月27日
チャットルームをつけました。
2009年11月17日
リンク間違い修正。
2009年11月16日
またしても引越ししました。これからもよろしくお願いします。
2009年2月16日
SNS『GIRLX』:1月31日から続いていたデータベースによる不調(生データのバグ)のため、凍結。経緯はgirlx.jpを参照。
2008年9月15日
リスタートしました。これからもよろしくお願いします。
2008年9月9日
前ブログ時のラブレター移植作業中です。
2008年9月9日以前
前サイトがperfume物件を扱ったという事で消滅しました。ラブレターやコメントについて必死にサルベージ中です。

「彼女から彼女への手紙」について

大人の人も未成年の人もいらっしゃいませ。

このサイト『彼女から彼女への手紙』では女性から女性へのラブレターや、悩み相談などを受け付けています。 もし貴女が、同性への恋愛感情で人には言えない、誰にも話せない、ましてや想い人である女性に心に溜まっている気持ちを打ち明ける事ができないのであれば、『彼女から彼女への手紙』はいつでも貴女のラブレターや悩み相談をお待ちしています。掲示板に寄せられた過去ログを読むだけでもちょっと気が楽になるかもしれません。

密かに恋している彼女宛てにラブレターを書いてみる?

というわけでさっそく気になるあの子へ秘密のラブレターを書いてみましょう。…とは言ってもいきなりは書けないものです。そこで、ノートやパソコンのメモ帳に書いてみて、その手紙をこの場所にコピー・ペーストするという方法を薦めます。他の人がどのようにラブレターを書いているのかを見てみるというのも良いでしょう。トップページのラブレター投稿窓口を用意しましたので、いつでもラブレターを投稿してみてください。

 さん

よろしければランキングにご協力ください。にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

「姫のためなら死ねる」感想

読み物
各所で言われているように平安時代、枕草紙(その背景人物たち)をネタに現代的解釈をしてバカな4コマにしたという漫画である(完結:だってそれしか言いようがないんだもん)。
感想なら百合姫の何月号だったかな、それのレポに載っているのでここでは省略する。自分もそのレポートを見て買った。だが同じような感想文書くのもアレだよな、と。
まあ現代でいうニートブロガーな清少納言がとんでもなくお嬢様な藤原定子様の家庭教師になって定子様のかわいらしさに吐血する&みんな何だかんだ言いながら清少納言大好きというような内容であるが。
僕から見ると、最初の最初に日常の下らない事や愚痴など全部話せる相手がいるならば死んでもいいとする清少納言の心中願望が設置されている事に注目したい。つまりそのような相手と出会ったなら心中してもいいのだ。会えたのならいつだって死ねる。そして清少納言(27歳)は藤原定子(13歳)と出会った。この4コマの行く末はわからないが、すぐ側に死がある。それがこの4コマ漫画の基礎にあるので安定して笑いながらも、実は不安定という状態を保っている。バカな4コマであるが、作中では清少納言の定子様萌えくらいしかないが、最初の最初を見てしまうと、暴走の果てに何が待っているのかが気になって仕方が無い。



JUGEMテーマ:同性愛/レズビアン/百合/ガールズラブ

漫画『いばらの泪』感想

読み物
 リカチ『空色ガールフレンド』のスピンアウト作品となる。『空色ガールフレンド』で結果的に結ばれなかった真希という少女のその後のストーリーである。
とりあえず『空色ガールフレンド』を読み、この作者の作品が好きならば買って損は無いどころかところどころ作品同士がリンクしていて面白く読める。

作品のモチーフとなっているのは童話『いばら姫(眠れる森の美女)』で、王子が来るまで眠り続ける姫=真希に照らし合わせている。真希は女の子が好きになるも過去の傷(『空色ガールフレンド』で小学校の時から片思いしていた女の子が転校してきた魔性の少女に奪われた事)から後一歩が踏み込めず、相手は相手を見つけて去ってしまう。待ち続ければきっと誰かと両思いとなり…という夢をみながら。

自分に勇気が無くフラれ続け、傷つき続け、その先にやっと見えた大切な人。

ストーリー全般を言えばこの一言なのだが、作者は上手い事書き上げている。

『空色ガールフレンド』の副読本としてお勧めする。逆に言えば『空色ガールフレンド』を読まなければ100%楽しめないのは仕方が無い事だとも言える。

漫画『半熟女子』感想

読み物
感想を書こうとしていたのだが、何を書いても物語の主登場人物である“ちとせ”のあるセリフには敵わない。そのまま引用する。



 ──私は強くなんてないよ
 こうして転んだ八重を受けとめるくらいはできるけど
 心は傷つけてばっかりだ

 本当の強さって きっと剣とかとは違う力なんだろうなあ

 でもそれってどんな力なんだろう

 どうすればいいんだろう



作者の森島明子について、確か『百合姉妹』という、現在では『百合姫』となっている雑誌で初めて知った。最初はOLや学園ものや時代劇ファンタジーなど様々な設定で書いていたため自分(樫木)が思う百合ジャンルの重要度は低かった。(これは同時期にタカハシマコ・袴田めら・玄鉄絢が存在し、森島明子は良くも悪くも普通の安定した描き手と認識していた)それが、いつ頃なのかわからないが、恐らくは『半熟女子』というシリーズを書き始めてから、他の描き手の影響や百合・レズビアンに関する取材を積み重ねたのだろう、森島明子は“同性愛・セクシャリティ”というテーマを深く掘り下げるようになった。現在はそのような漫画が多い。

森島明子という描き手の変化、それが上で引用した“ちとせ”というボーイッシュな子のセリフや、女性の体というものの考え方に現れていると私は思う。

自分が『半熟女子』の中で好きなのは卵をモチーフにした各話の扉絵である。最初は漫画の中で、第二話から各話の扉絵が出てくるのだが、2話は卵の中に2人が生まれる前の姿で向き合っているところ。3話は2話をクローズアップし触れ合うようになった2人。4話は3話で深いキスをしたのを反映した2人のキス。5話は4話で2人が知る事になる女性同士のセックスを反映したハグ、それも小さな羽根が2人の背から生えている。つまり2人のセクシュアリティの成長に合わせて扉絵は変わっていく。6話と8話の扉絵(7話はサブストーリーなので扉絵は無い)は本当に美しい。そして9話の扉絵では羽が無くなっている。これは同性同士で愛し合う事のリアルさに触れたからだろう。漠然としていた相手を愛し合う事が形になったから2人は“人”として孵化したのだ。この扉絵の構成だけでも、百合として価値がある。(同じ卵を扉絵にした漫画には吉野朔実『ジュリエットの卵』があるが、多分ここからも影響を受けているかもしれない)

百合というものに対して鋭いナイフで削ったような作品も良いだろう。だが、森島明子は同性愛者とセクシャリティに対し、同じ目線で物語を描こうとしている。それはとても柔らかくて優しい印象を受ける。同性愛者の恋愛やセクシャリティにはどうしても心の傷が付きまとうが、森島明子は真正面から同じ傷を受けようとしている。

森島明子は作者後書きや新・百合姫での読者コーナーでは百合萌え素敵素敵素敵!と連発するキャラ(?)であるが、作者が作品で描こうとしている事を見れば、とても真面目な人だというのは分かる。

『半熟女子』は、まあ、セックスを取り扱ってる事もあり、その描写は多いのだが、丹念に丹念に心理描写とセリフを構成しているので気にはならない。

モバイルでもこの作品は見れるのだが、できるならいつでも読み返せるよう本として所持して置きたい。






JUGEMテーマ:同性愛/レズビアン/百合/ガールズラブ

漫画「空色ガールフレンド」感想

読み物
それはロミオとジュリエットを元にした作品である。ただし、この作品ではロミオは女性である。世の百合読みたち(ブログで百合作品の感想を書く人たち)の間で話題となっていないので自分が感想を書くしかないのだろう。

第一話、柏木樹里という小悪魔的に美しい女の子が、主人公がいる(そう、主人公である。主人公は主に男性キャラクターを指す)学校へ転校してくる所から始まる。主人公の名は広海。名字は渡瀬だが作中では重要とされていない。樹里は転校して早々とその小悪魔っぷりを発揮してクラスメイトの輪から外れる。それが小悪魔的に美しい樹里の処世術であったのだが、広海はサバサバした性格で、一人ぼっちの樹里に近づく。

それが正しかったのか間違いだったのか、わからない。

小悪魔的に美しい樹里の、小悪魔の部分の奥底にある、本当の樹里に広海はその行動で近づき、樹里は広海をお気に入りとする。樹里のお気に入りなイングランドの劇作家ウィリアム・シェイクスピアによる戯曲『ロミオとジュリエット』。自分は樹里だから「ジュリエット」、広海はロミ、という名前だからロミオ。

ここで重要な広海の過去描写が幼き頃の夢として出てくる。広海は王子様になりたかったのだ。そしてロミオとジュリエットの関係は進む。広海を独占したがる樹里、その前から広海が好きだった女の子。初めて触った樹里の肌。まあいろいろあるが中間は書かないでおこう。

全体的に散りばめられた『ロミオとジュリエット』のモチーフ。だからこそ、作中での文化祭でも劇で『ロミオとジュリエット』をやる事になる。ロミオ役は広海で、ジュリエットは樹里。劇は劇、そのはずだったが、本番にてジュリエットこと樹里はロミオこと広海にキスをしてしまう。そして樹里はクラスメイトからいじめを受けることになる。だが、樹里は真っ直ぐに表情を変えない。自分は間違っていないかのように。一方、広海は学校を休んでいた。樹里のキスのショックで学校に行く気がしなかったからだ。

広海が休んでいた一週間、樹里は無表情に、真っ直ぐ、いじめと立ち向かっていた。そこに広海が声を掛けたところで樹里の心は柔らかくほどけていく。

あのキスはショックだったのか。違う。ショックだったのは間違いは無いが、広海は樹里のキスを、樹里の思いを、好きだと感じ始める。

そして、試練は訪れる。広海の学校にいきなり転校してきた樹里。その背景には親の転勤があった。樹里にとって広海は特別な人間だった。だからこそ、もう、離れたくはない。

2人が選んだ、最後のデートは遊園地だった。そこで樹里はお土産屋でペアになった鍵を見つけ、購入し、広海の心に鍵を掛ける。それは心の鍵。2つとして同じ物が無い鍵で広海の心の錠に鍵を掛ける。


──今、ロミオに鍵をかけたの もうあたしにしか開けられない あたしだけ

広海も樹里に鍵を掛けようとするが、そのチャンスは訪れない。

デートが終わり最後の夜が訪れる。離れたらきっと樹里のこと忘れちゃう。そんなの嫌 ずっとロミオと一緒にいる だってだって 好きなんだもん……

ずっと樹里に振り回された広海は樹里にキスをする。広海は思う。毎日メールしよう、休みには会いに行こう。しかしそれは、半年で途絶える。よくある事。女子高に進学した広海はそう諦める。

だが、最後の章。2人は再会する。何故かショートカットになった樹里。漫画を読み込んだ読者だけがその意味がわかる。樹里は「王子様」を忘れないように、自分が「王子様」になったのだ。それは、誓い、だった。再開する二人。

セリフは引用しない。引用しないほうがいいだろう。
最後のデートで樹里が掛けた鍵が、解かれていく。解放。空色のように。




何にも負けない力を。意思を。この漫画から読み取っていただければいい。


JUGEMテーマ:同性愛/レズビアン/百合/ガールズラブ

映画「ブリュレ」感想

読み物
評価:
---
ゼアリズエンタープライズ
---
(2009-08-05)
コメント:ただただ純粋な、双子の物語なのだろう。それを最後まで見つめること。

ブリュレ、とは、プリンの表面をバーナーで焦がし、香ばしさを出した洋菓子である。

それは一種のファンタジーかもしれない。

幼い頃に家庭の事情でバラバラになった双子。主人公の双子の片割れ、水那子が骨壷を持って日名子がいる町にやってくるシーンから始まる。サブ主人公とも言える少年が水那子を日名子と間違えて、バスの定期パスを渡す、そこから物語は始まる。

日那子は放火犯だった。規模は小さいが自転車や学校の机を燃やしている。水那子と日名子が幼い時にわかれ、それが日那子に放火をやらせていた。それだけが、双子の絆のように。悲しいながらもそれしか日那子の心は埋まらない。放火しても埋まらないのだが。それが突然やってきた水那子の存在で変わっていく。だが、水那子は既に脳に悪性腫瘍が出来ており、約1ヶ月の命だった。それを日那子は知らない。

警察も放火犯が日那子だとし、追う。だから、2人で逃げる。どこに逃げるのかわからないけれど。行き場の無い二人。その旅路で日名子は水那子と誰もいない結婚式で繋がり、キスをし、日那子は水那子が来てくれたこそ、自分はもう放火しなくても済むと2人の未来の話をする。水那子は悪性脳腫瘍で余命幾許も無い。日那子はその事実を知り、水那子から離れる。水那子が来てくれたから日名子はもう小さな放火をしなくてもいいと思っていたのに。

行き場のない2人はどこにいくのだろうか。

この映画で語る事は無粋だ。何故ならば、純粋すぎるからである。双子というキャラクター設定で放火というのはリアルとは程遠い。だからそれは一種のファンタジーかもしれない、と書いた。

私はこの映画で泣きも笑いも驚きもしなかった。だが2人の果てを最後まで見つめた。ラストシーン前後、物語として悲しいが泣くほどのシーンは無い。それは「ブリュレ」と名付けられた映画の当然の帰結だからだ。ただ、最後まで見つめて欲しい。




「ブリュレ」映画撮影後に死去した林田賢太監督にこの感想を捧げる。




映画「水の中のつぼみ」感想

読み物
評価:
セリーヌ・シアマ
¥ 3,231

 小学生と高校生の間にはどうしようもなく断絶があり、惹かれあっても通じ合えない。そのような映画だ。主人公2人は同じ歳ではないが同世代である。しかし、恋愛観は小学生と高校生のように開いていて、埋まる事はない。若い年代には一刻も早くセックスしなければならないという世代的プレッシャーがある。人よりも早くセックスをした事がステータスになるからである。

セックスへの憧れ、でもそれには破瓜の痛みが伴う。高校生でも破瓜の痛みが怖くてセックスできない女性は多いのではないだろうか。そのような中で「水の中のつぼみ」という映画は一人の少女=小学生と、一人の女=高校生を映し出す。2人に共通するのはセックスがヘイトなものだと考えている事である。否が応でも与えられる性の情報、下らないと思っても引き離す事ができない。

この映画は全体的に男と言う生物を、またはモテないのにセックスの欲望がある女を哀れに映している。何とか工夫してセックスしようとするピザ女(少女の姉)、いい女とセックスできなかったからとピザ女とセックスする男とパーティーで女性下着を被って馬鹿騒ぎする男達。順応したくないが、それでもしなければならない。上手くやっていくには。

「水の中のつぼみ」はいわゆる百合作品であり、そのようなシーンが散りばめられている。百合が好きならば夢のような作品だろう。ヤリマン女が実は処女だと主人公が気づいてから物語は加速、少女は少女の視点で、女は女の視点で、分かり合えないと分かるまで突き進む。そしてラストシーン、ラストの1カットには少女から映画を見ている者へとプレゼントが待っている。「水の中のつぼみ」という題名、2人がレズビアンのようにいちゃいちゃする内容に惹かれた者全てをナイフで突き刺すような、プレゼントが。

追記として。youtubeに映画の予告編がアップロードされているが、本質を突いていない。見ない方が良いだろう。見ない方がラスト1カットでのショックを受けずに済む。

「彼女から彼女への手紙」の成り立ち

読み物
このサイトは元々同性板にあった「♀女性♀好きな人にひそかに告白するスレ♀」のまとめサイトとして、それまで現存していたログ(15スレ分)をアーカイブするサイトでした。そこからこのサイトにもラブレターを書く人が増え、悩み相談では自分の知る限り2つの案件を無事クリアしたかのように思えます。

なぜこのサイトがあるのか。皆さんにも考えてほしいのです。今までのレズビアンサイトは直接的なもの(出会い系)が多くて、もしかしたら女の人が好きなのかもしれないというグレーゾーンの部分をフォローするサイトはありませんでした。恋愛にとって一番悩むのがこのグレーゾーンの所でしょう。そこでこのサイトでは「女性から女性へのラブレター」を集める事にしました。

ここでの書き込みは決して相手に届かないでしょう。でも書くことで気持ちをハッキリさせる事が出来たのなら。

そう思いながらこのサイトを続けています。

ニコ動&pixivネタ「百合m@s108式」

読み物
 いつのまにかニコ動やpixivで「ワシの百合m@sは108式まであるぞ」略して「百合m@s108式」が盛り上がりを見せている模様。特にpixivが熱い!
「ワシの百合m@sは108式まであるぞ」つまり108のお題でアイドルマスターキャラを百合させる!これが「百合m@s108式」だ!

pixivは登録制のサイトなのでまずは登録してからこれを!!
http://www.pixiv.net/search.php?word=%E7%99%BE%E5%90%88m%40s108%E5%BC%8F&s_mode=s_tag
何気なく完成度が高い絵が多い!ちょこっとつまむ百合ネタとしてはもってこいだ!

コミック「楽園」とコミックLily総評

読み物
というわけで買いましてね、読みましたよ。
ま、あれですよコミックLilyは普通に百合だけれども一線を越えるような百合作品が無くてですね、はたして1000円出して買う価値があるのかと。それなら俺つぼみ買っちゃうよなと。ライトな百合が好きなら買っといて損は無いと思います。コレクターアイテムとして。
「楽園」は評価ムズい。というのも百合とそうではない漫画のmixでなんにせよ少しアブノーマルな恋愛を扱っているものもあるんですね。コミックとしては満足、百合としては…もう一つかな。コミックとしては面白いので読んで損は無し。


2ちゃんねる×ニコ動ネタ「ハスキー&メドレー」

読み物
 2ちゃんねるVIP板で突如始まった「クラスの完璧すぎる女の子の弱点を暴きたい」スレ。最初は男の書き込みかと思われていたが女と知ったからさあ大変。百合へと導こうとがっちりと協力体制へ。その「完璧な」がどれだけ完璧かというと

・推薦で今の高校に合格。ちなみに女子校な
・美形
・なのに笑顔に親しみがある
・身長160後半ぐらい。細身なのにおっぱいある
・髪の毛ツヤツヤ
・頭いい。学年トップ3
・運動神経抜群(バスケ陸上剣道で全国いった)
・ピアノとヴァイオリン超絶うまい。ギターもできる
・親がデザイナーで家めちゃくちゃでかくて
 小さいグランドみたいのがあってバスケコートがある
・シベリアンハスキー飼ってる
・社交的。ギャルにもオタクにも接し方が同じで楽しそうに喋る
・誰にでも優しい
・後輩からも慕われてて先生にも好かれてる
・字がうまい
・アニメアニソンにも精通。ゲーム好き。ビーマニ超うまい
まだまだあるけどとりあえず隙がなくて完璧

だそうで。
ついでに「完璧すぎる女子」のあだ名決定。それも「ハスキー」

そして>>56の発案「とりあえずメールで弱点を聞いてみる」
それはそうかと実行するスレ主。

ここから全ては始まった…そして思いもよらない展開にスレ住人驚愕!!

先ずは漫画から入ってみるのがいいと思います。
ハスキー&メドレー漫画化
ここに現在まで初チューまでの展開がががが!!!

スレ読むのがめんどい人のためにニコ動にログ動画があります。
ニコ動 タグで「ハスキー&メドレー」検索


<< | 2/3 | >>