2017年6月13日
「ユリトピア」というビアン百合ソーシャルネットのリンクを貼りました。僕も参加しています。
2017年2月4日
何も変わっていませんが本年もよろしくお願いします。
2016年2月2日
本年もよろしくお願いします。
2012年7月21日
あの黒歴史SNSこと『Girlx』が別の形で帰ってきた!
かのかのちゃんねるオープン!!
2012年2月8日
サイト内CSSマークアップ改良作業中。
2010年12月10日
あと半年は大丈夫(振り込んできました)
2010年7月19日
サイトデザイン改装中です。
2010年6月1日
チャットルーム必要ないなーと思って消しました。
2009年11月27日
チャットルームをつけました。
2009年11月17日
リンク間違い修正。
2009年11月16日
またしても引越ししました。これからもよろしくお願いします。
2009年2月16日
SNS『GIRLX』:1月31日から続いていたデータベースによる不調(生データのバグ)のため、凍結。経緯はgirlx.jpを参照。
2008年9月15日
リスタートしました。これからもよろしくお願いします。
2008年9月9日
前ブログ時のラブレター移植作業中です。
2008年9月9日以前
前サイトがperfume物件を扱ったという事で消滅しました。ラブレターやコメントについて必死にサルベージ中です。

「彼女から彼女への手紙」について

大人の人も未成年の人もいらっしゃいませ。

このサイト『彼女から彼女への手紙』では女性から女性へのラブレターや、悩み相談などを受け付けています。 もし貴女が、同性への恋愛感情で人には言えない、誰にも話せない、ましてや想い人である女性に心に溜まっている気持ちを打ち明ける事ができないのであれば、『彼女から彼女への手紙』はいつでも貴女のラブレターや悩み相談をお待ちしています。掲示板に寄せられた過去ログを読むだけでもちょっと気が楽になるかもしれません。

密かに恋している彼女宛てにラブレターを書いてみる?

というわけでさっそく気になるあの子へ秘密のラブレターを書いてみましょう。…とは言ってもいきなりは書けないものです。そこで、ノートやパソコンのメモ帳に書いてみて、その手紙をこの場所にコピー・ペーストするという方法を薦めます。他の人がどのようにラブレターを書いているのかを見てみるというのも良いでしょう。トップページのラブレター投稿窓口を用意しましたので、いつでもラブレターを投稿してみてください。

 さん

よろしければランキングにご協力ください。にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

広島原爆ドキュメンタリー・再現ドラマ『少女たちの日記帳』 感想

読み物
 NHK 少女たちの日記帳 ページ
http://www.nhk.or.jp/peace/library/program/20090806.html

昭和20年8月6日午前8時15分、広島県立広島第一高等女学校の1年生223人は、爆心地から600メートルの場所で建物疎開の作業中に被爆、全員が亡くなった。この日、病気で休んでいた梶山雅子さんを始め、作業に行かなかった同級生だけが生き残った。当時2年生だった大野允子さんは、亡くなった1年生の日記帳をもとに「八月の少女たち」を出版。のちに他の遺族からも日記帳が寄せられ、現在、10冊が公表されている。学校生活、家族、友人のことなど、それぞれの日記帳には、戦争に追い詰められながらもせいいっぱい生きる少女たちのみずみずしい思春期の日常がつづられている。番組では、再現ドラマと10冊の日記帳、梶山さんら同級生、遺族の証言をもとに、4月6日の入学から8月6日まで120日間の少女たちの日々を描き、原爆によって断ち切られたものの大きさを伝える。

…広島原爆の日ということで『八月の少女たち』という本を紹介するのだが、先ずはNHKBSで『八月の少女たち』と『ヒロシマ、遺された九冊の日記帳』を元にドキュメンタリードラマ製作・放送された『少女たちの日記帳』という映像をどのような手段を使ってもいいので見て欲しいと思う。ちなみにNHKオンデマンドで有料配信されていて、試し見も出来るが、その試し見の映像は『少女たちの日記帳』の核となる部分ではないところを切り取っており、折角見るのならば前情報無く、最後まで見て欲しい。

『ヒロシマ、遺された九冊の日記帳』そして現在入手が困難な『八月の少女たち』の元となった十冊(その内1冊はその日記を書いた少女が眠る墓に入れられており九冊となっている)の日記の内容、つまり広島原爆投下前には生きていた数名の少女の証とも言える実際の筆跡が映像として見れるからである。少女たちの筆跡は丁寧で真っ直ぐであり、その内容は、少女たちの素直さを垣間見る事ができる。学校での事。少女たちが思う戦争の事。愉快な、そして立派だった先生の事。制服の夏服の事。許された範囲でのちょっとしたおしゃれ。防空壕の中での女の子だけの秘密の会話。再現ドラマではあるが、間には遺族の証言などが挟まれ、ドキュメンタリーとして見る事ができる。構成としては4月、5月、6月、7月、そして8月に入り、手作りの夏服がもうすぐ出来るという所で8月6日の原爆投下にて全てが焼き尽くされる。そう、8月6日を知っているだけに、見るものは日記が始まる4月から8月にかけて死へのカウントダウンのような重苦しい気持ちにさせられる。8月5日まで戦時中でありながらも学校での事や家庭での事を綴り、どんな時でも明るかった少女たちの日誌が、カウンターとして胸を打つのだ。
この再現ドラマは事実と断定できない、ifの部分が入っているが、それが一つのファンタジーとして、『八月の少女たち』『ヒロシマ、遺された九冊の日記帳』を執筆した大野允子さんの思いが見え、見る人の心を打つ。原爆の日から50十年後に届いた、その時は少年だった誰かが描いた、原爆で亡くなった少女の1枚の絵と共に。初恋と共に。ボロボロになってしまった夏服と共に。

なぜこれをこのサイトで紹介するかというと、百合というものはセクシャリティや萌えだけでは無いという事を僕自身が伝えたかっただからである。テーマはとても重く、軽々しく百合という言葉・ジャンルを使ってはならないが、百合の受容体を持っている者だからこそ原爆投下前のイキイキとした少女たちの心に共感するところがあるのではないかと僕は思い、同時に願っている。僕はまだ『少女たちの日記帳』しか見ていないが、これから関連書物などを集めたいと思っている。

話は変わるが、今年はある意味で特別な原爆の日である。去年の311東日本大震災による福島第一原発事故が発生したからだ。そんな今年の原爆の日にNHKでは原爆死没者慰霊式・平和祈念式を放送後『少女たちの日記帳』をNHKBSで放送したが、民放はオリンピックでの日本メダル獲得の話題を取り扱っていた。オリンピックという明るい話題に平和祈念式という重く暗いニュースは取り扱いたくなかったのだろうと思うが、民放テレビに少し絶望した日でもあった。何のためのBS民放なのか。ねえ。