2017年6月13日
「ユリトピア」というビアン百合ソーシャルネットのリンクを貼りました。僕も参加しています。
2017年2月4日
何も変わっていませんが本年もよろしくお願いします。
2016年2月2日
本年もよろしくお願いします。
2012年7月21日
あの黒歴史SNSこと『Girlx』が別の形で帰ってきた!
かのかのちゃんねるオープン!!
2012年2月8日
サイト内CSSマークアップ改良作業中。
2010年12月10日
あと半年は大丈夫(振り込んできました)
2010年7月19日
サイトデザイン改装中です。
2010年6月1日
チャットルーム必要ないなーと思って消しました。
2009年11月27日
チャットルームをつけました。
2009年11月17日
リンク間違い修正。
2009年11月16日
またしても引越ししました。これからもよろしくお願いします。
2009年2月16日
SNS『GIRLX』:1月31日から続いていたデータベースによる不調(生データのバグ)のため、凍結。経緯はgirlx.jpを参照。
2008年9月15日
リスタートしました。これからもよろしくお願いします。
2008年9月9日
前ブログ時のラブレター移植作業中です。
2008年9月9日以前
前サイトがperfume物件を扱ったという事で消滅しました。ラブレターやコメントについて必死にサルベージ中です。

「彼女から彼女への手紙」について

大人の人も未成年の人もいらっしゃいませ。

このサイト『彼女から彼女への手紙』では女性から女性へのラブレターや、悩み相談などを受け付けています。 もし貴女が、同性への恋愛感情で人には言えない、誰にも話せない、ましてや想い人である女性に心に溜まっている気持ちを打ち明ける事ができないのであれば、『彼女から彼女への手紙』はいつでも貴女のラブレターや悩み相談をお待ちしています。掲示板に寄せられた過去ログを読むだけでもちょっと気が楽になるかもしれません。

密かに恋している彼女宛てにラブレターを書いてみる?

というわけでさっそく気になるあの子へ秘密のラブレターを書いてみましょう。…とは言ってもいきなりは書けないものです。そこで、ノートやパソコンのメモ帳に書いてみて、その手紙をこの場所にコピー・ペーストするという方法を薦めます。他の人がどのようにラブレターを書いているのかを見てみるというのも良いでしょう。トップページのラブレター投稿窓口を用意しましたので、いつでもラブレターを投稿してみてください。

 さん

よろしければランキングにご協力ください。にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

GIRL×GIRL×BOY 感想

読み物
評価:
KUJIRA
双葉社
---
(2008-04-28)
コメント:いつでも凝り固まった認識を変えるのは新しい人であり、新しい人こそが次なる世代へと新しい見方を教えるのだろう。

 「GIRL×GIRL×BOY」、僕はこの漫画を見る度に新しい世代への希望を持つ。世界的に見れば同性愛に関する法律が出てきているが日本ではまだ無い。ただ、思わぬ方向からそこに手を伸ばそうとしているジャンルがある。漫画だ。少年・少女漫画の歴史については語ることは無いだろうが、「
GIRL×GIRL×BOY」のような作品が出てきたというのはある程度日本のセクシャリティへの理解の深さはあるのではなかろうかとも思える。

もう一度言おう。僕はこの漫画を見る度に新しい世代への希望を持つ。それは「GIRL×GIRL×BOY」という物語がキラキラと主人公達の心を描いているからだ。映画で綺麗な少女達に酔うのも良いが、このような作品を読むというのも重要ではないかと僕は思う。

幼少時、モテなくてデブで一太という男の子にいじめられていた風花はいつも利理という女の子に助けられていた。それから数年が経ち、モテなくてデブだった風花は体の成長と共に美しくなり、利理と付き合っている。だがいきなり利理は風花を拒絶し、一太の事が好きだと言う。うまく行けば別れられるはずだった(理由は後述)しかし思わぬ誤算が入る。一太は昔いじめていた風花の事が好きになってしまったのだ。風化→利理→一太→風花という何とも奇妙な三角関係が形成され、物語はしばしその状態で続く。普通なら対立だが、一太という男はいわゆる軟弱な女に持てそうな男で、対立ではなく、傍目から見れば仲良しに見える。だがそんな関係は長く続かない。物語が風花中心で回るため気付かないかもしれないが、利理は苦悩していた。それはTVの同性愛ドキュメンタリーである。それを見た利理はこのまま風花と付き合うのは良くないと拒絶し、それで一太に近づいたのだ。ホテルのシーン、3Pしようよと利理は答えが解っている賭けをする。当然ながら風花は傷つき一太と利理だけが残るが、普通ならば一太を悪者にするというのが漫画の作りであるがこの作者はそうしなかった。利理は一太に全てを打ち明け、そして一太の苦悩が始まる。好きだった風花は好きでもない相手と付き合おうとしている。苦悩、苦悩、苦悩。そして答えを出す。「スッキリしないのはモヤモヤしているのは決着なんかついてないから」そして一太は疾走する。何もかもを守るために。

このような百合作品は少ない。少年がキーとなる作品はいくつあるだろうかわからないが、少年をうまく起爆剤に使い、そして、それぞれの心の壁を壊していくのは見ていて気持ちがよかった。

僕も一太のようになれるのだろうか。いつもそう思う。