2017年6月13日
「ユリトピア」というビアン百合ソーシャルネットのリンクを貼りました。僕も参加しています。
2017年2月4日
何も変わっていませんが本年もよろしくお願いします。
2016年2月2日
本年もよろしくお願いします。
2012年7月21日
あの黒歴史SNSこと『Girlx』が別の形で帰ってきた!
かのかのちゃんねるオープン!!
2012年2月8日
サイト内CSSマークアップ改良作業中。
2010年12月10日
あと半年は大丈夫(振り込んできました)
2010年7月19日
サイトデザイン改装中です。
2010年6月1日
チャットルーム必要ないなーと思って消しました。
2009年11月27日
チャットルームをつけました。
2009年11月17日
リンク間違い修正。
2009年11月16日
またしても引越ししました。これからもよろしくお願いします。
2009年2月16日
SNS『GIRLX』:1月31日から続いていたデータベースによる不調(生データのバグ)のため、凍結。経緯はgirlx.jpを参照。
2008年9月15日
リスタートしました。これからもよろしくお願いします。
2008年9月9日
前ブログ時のラブレター移植作業中です。
2008年9月9日以前
前サイトがperfume物件を扱ったという事で消滅しました。ラブレターやコメントについて必死にサルベージ中です。

「彼女から彼女への手紙」について

大人の人も未成年の人もいらっしゃいませ。

このサイト『彼女から彼女への手紙』では女性から女性へのラブレターや、悩み相談などを受け付けています。 もし貴女が、同性への恋愛感情で人には言えない、誰にも話せない、ましてや想い人である女性に心に溜まっている気持ちを打ち明ける事ができないのであれば、『彼女から彼女への手紙』はいつでも貴女のラブレターや悩み相談をお待ちしています。掲示板に寄せられた過去ログを読むだけでもちょっと気が楽になるかもしれません。

密かに恋している彼女宛てにラブレターを書いてみる?

というわけでさっそく気になるあの子へ秘密のラブレターを書いてみましょう。…とは言ってもいきなりは書けないものです。そこで、ノートやパソコンのメモ帳に書いてみて、その手紙をこの場所にコピー・ペーストするという方法を薦めます。他の人がどのようにラブレターを書いているのかを見てみるというのも良いでしょう。トップページのラブレター投稿窓口を用意しましたので、いつでもラブレターを投稿してみてください。

 さん

よろしければランキングにご協力ください。にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

漫画『半熟女子』感想

読み物
感想を書こうとしていたのだが、何を書いても物語の主登場人物である“ちとせ”のあるセリフには敵わない。そのまま引用する。



 ──私は強くなんてないよ
 こうして転んだ八重を受けとめるくらいはできるけど
 心は傷つけてばっかりだ

 本当の強さって きっと剣とかとは違う力なんだろうなあ

 でもそれってどんな力なんだろう

 どうすればいいんだろう



作者の森島明子について、確か『百合姉妹』という、現在では『百合姫』となっている雑誌で初めて知った。最初はOLや学園ものや時代劇ファンタジーなど様々な設定で書いていたため自分(樫木)が思う百合ジャンルの重要度は低かった。(これは同時期にタカハシマコ・袴田めら・玄鉄絢が存在し、森島明子は良くも悪くも普通の安定した描き手と認識していた)それが、いつ頃なのかわからないが、恐らくは『半熟女子』というシリーズを書き始めてから、他の描き手の影響や百合・レズビアンに関する取材を積み重ねたのだろう、森島明子は“同性愛・セクシャリティ”というテーマを深く掘り下げるようになった。現在はそのような漫画が多い。

森島明子という描き手の変化、それが上で引用した“ちとせ”というボーイッシュな子のセリフや、女性の体というものの考え方に現れていると私は思う。

自分が『半熟女子』の中で好きなのは卵をモチーフにした各話の扉絵である。最初は漫画の中で、第二話から各話の扉絵が出てくるのだが、2話は卵の中に2人が生まれる前の姿で向き合っているところ。3話は2話をクローズアップし触れ合うようになった2人。4話は3話で深いキスをしたのを反映した2人のキス。5話は4話で2人が知る事になる女性同士のセックスを反映したハグ、それも小さな羽根が2人の背から生えている。つまり2人のセクシュアリティの成長に合わせて扉絵は変わっていく。6話と8話の扉絵(7話はサブストーリーなので扉絵は無い)は本当に美しい。そして9話の扉絵では羽が無くなっている。これは同性同士で愛し合う事のリアルさに触れたからだろう。漠然としていた相手を愛し合う事が形になったから2人は“人”として孵化したのだ。この扉絵の構成だけでも、百合として価値がある。(同じ卵を扉絵にした漫画には吉野朔実『ジュリエットの卵』があるが、多分ここからも影響を受けているかもしれない)

百合というものに対して鋭いナイフで削ったような作品も良いだろう。だが、森島明子は同性愛者とセクシャリティに対し、同じ目線で物語を描こうとしている。それはとても柔らかくて優しい印象を受ける。同性愛者の恋愛やセクシャリティにはどうしても心の傷が付きまとうが、森島明子は真正面から同じ傷を受けようとしている。

森島明子は作者後書きや新・百合姫での読者コーナーでは百合萌え素敵素敵素敵!と連発するキャラ(?)であるが、作者が作品で描こうとしている事を見れば、とても真面目な人だというのは分かる。

『半熟女子』は、まあ、セックスを取り扱ってる事もあり、その描写は多いのだが、丹念に丹念に心理描写とセリフを構成しているので気にはならない。

モバイルでもこの作品は見れるのだが、できるならいつでも読み返せるよう本として所持して置きたい。






JUGEMテーマ:同性愛/レズビアン/百合/ガールズラブ