2017年6月13日
「ユリトピア」というビアン百合ソーシャルネットのリンクを貼りました。僕も参加しています。
2017年2月4日
何も変わっていませんが本年もよろしくお願いします。
2016年2月2日
本年もよろしくお願いします。
2012年7月21日
あの黒歴史SNSこと『Girlx』が別の形で帰ってきた!
かのかのちゃんねるオープン!!
2012年2月8日
サイト内CSSマークアップ改良作業中。
2010年12月10日
あと半年は大丈夫(振り込んできました)
2010年7月19日
サイトデザイン改装中です。
2010年6月1日
チャットルーム必要ないなーと思って消しました。
2009年11月27日
チャットルームをつけました。
2009年11月17日
リンク間違い修正。
2009年11月16日
またしても引越ししました。これからもよろしくお願いします。
2009年2月16日
SNS『GIRLX』:1月31日から続いていたデータベースによる不調(生データのバグ)のため、凍結。経緯はgirlx.jpを参照。
2008年9月15日
リスタートしました。これからもよろしくお願いします。
2008年9月9日
前ブログ時のラブレター移植作業中です。
2008年9月9日以前
前サイトがperfume物件を扱ったという事で消滅しました。ラブレターやコメントについて必死にサルベージ中です。

「彼女から彼女への手紙」について

大人の人も未成年の人もいらっしゃいませ。

このサイト『彼女から彼女への手紙』では女性から女性へのラブレターや、悩み相談などを受け付けています。 もし貴女が、同性への恋愛感情で人には言えない、誰にも話せない、ましてや想い人である女性に心に溜まっている気持ちを打ち明ける事ができないのであれば、『彼女から彼女への手紙』はいつでも貴女のラブレターや悩み相談をお待ちしています。掲示板に寄せられた過去ログを読むだけでもちょっと気が楽になるかもしれません。

密かに恋している彼女宛てにラブレターを書いてみる?

というわけでさっそく気になるあの子へ秘密のラブレターを書いてみましょう。…とは言ってもいきなりは書けないものです。そこで、ノートやパソコンのメモ帳に書いてみて、その手紙をこの場所にコピー・ペーストするという方法を薦めます。他の人がどのようにラブレターを書いているのかを見てみるというのも良いでしょう。トップページのラブレター投稿窓口を用意しましたので、いつでもラブレターを投稿してみてください。

 さん

よろしければランキングにご協力ください。にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

映画「ブリュレ」感想

読み物
評価:
---
ゼアリズエンタープライズ
---
(2009-08-05)
コメント:ただただ純粋な、双子の物語なのだろう。それを最後まで見つめること。

ブリュレ、とは、プリンの表面をバーナーで焦がし、香ばしさを出した洋菓子である。

それは一種のファンタジーかもしれない。

幼い頃に家庭の事情でバラバラになった双子。主人公の双子の片割れ、水那子が骨壷を持って日名子がいる町にやってくるシーンから始まる。サブ主人公とも言える少年が水那子を日名子と間違えて、バスの定期パスを渡す、そこから物語は始まる。

日那子は放火犯だった。規模は小さいが自転車や学校の机を燃やしている。水那子と日名子が幼い時にわかれ、それが日那子に放火をやらせていた。それだけが、双子の絆のように。悲しいながらもそれしか日那子の心は埋まらない。放火しても埋まらないのだが。それが突然やってきた水那子の存在で変わっていく。だが、水那子は既に脳に悪性腫瘍が出来ており、約1ヶ月の命だった。それを日那子は知らない。

警察も放火犯が日那子だとし、追う。だから、2人で逃げる。どこに逃げるのかわからないけれど。行き場の無い二人。その旅路で日名子は水那子と誰もいない結婚式で繋がり、キスをし、日那子は水那子が来てくれたこそ、自分はもう放火しなくても済むと2人の未来の話をする。水那子は悪性脳腫瘍で余命幾許も無い。日那子はその事実を知り、水那子から離れる。水那子が来てくれたから日名子はもう小さな放火をしなくてもいいと思っていたのに。

行き場のない2人はどこにいくのだろうか。

この映画で語る事は無粋だ。何故ならば、純粋すぎるからである。双子というキャラクター設定で放火というのはリアルとは程遠い。だからそれは一種のファンタジーかもしれない、と書いた。

私はこの映画で泣きも笑いも驚きもしなかった。だが2人の果てを最後まで見つめた。ラストシーン前後、物語として悲しいが泣くほどのシーンは無い。それは「ブリュレ」と名付けられた映画の当然の帰結だからだ。ただ、最後まで見つめて欲しい。




「ブリュレ」映画撮影後に死去した林田賢太監督にこの感想を捧げる。