2017年6月13日
「ユリトピア」というビアン百合ソーシャルネットのリンクを貼りました。僕も参加しています。
2017年2月4日
何も変わっていませんが本年もよろしくお願いします。
2016年2月2日
本年もよろしくお願いします。
2012年7月21日
あの黒歴史SNSこと『Girlx』が別の形で帰ってきた!
かのかのちゃんねるオープン!!
2012年2月8日
サイト内CSSマークアップ改良作業中。
2010年12月10日
あと半年は大丈夫(振り込んできました)
2010年7月19日
サイトデザイン改装中です。
2010年6月1日
チャットルーム必要ないなーと思って消しました。
2009年11月27日
チャットルームをつけました。
2009年11月17日
リンク間違い修正。
2009年11月16日
またしても引越ししました。これからもよろしくお願いします。
2009年2月16日
SNS『GIRLX』:1月31日から続いていたデータベースによる不調(生データのバグ)のため、凍結。経緯はgirlx.jpを参照。
2008年9月15日
リスタートしました。これからもよろしくお願いします。
2008年9月9日
前ブログ時のラブレター移植作業中です。
2008年9月9日以前
前サイトがperfume物件を扱ったという事で消滅しました。ラブレターやコメントについて必死にサルベージ中です。

「彼女から彼女への手紙」について

大人の人も未成年の人もいらっしゃいませ。

このサイト『彼女から彼女への手紙』では女性から女性へのラブレターや、悩み相談などを受け付けています。 もし貴女が、同性への恋愛感情で人には言えない、誰にも話せない、ましてや想い人である女性に心に溜まっている気持ちを打ち明ける事ができないのであれば、『彼女から彼女への手紙』はいつでも貴女のラブレターや悩み相談をお待ちしています。掲示板に寄せられた過去ログを読むだけでもちょっと気が楽になるかもしれません。

密かに恋している彼女宛てにラブレターを書いてみる?

というわけでさっそく気になるあの子へ秘密のラブレターを書いてみましょう。…とは言ってもいきなりは書けないものです。そこで、ノートやパソコンのメモ帳に書いてみて、その手紙をこの場所にコピー・ペーストするという方法を薦めます。他の人がどのようにラブレターを書いているのかを見てみるというのも良いでしょう。トップページのラブレター投稿窓口を用意しましたので、いつでもラブレターを投稿してみてください。

 さん

よろしければランキングにご協力ください。にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

Pixiv ショートストーリー 飴夜菜(いよな)さん作『ごめんなさい』

Pixivのショートストーリー

Pixivで募集していた『彼女から彼女への手紙』のショートストーリー企画、2人目登場!
ありがとうございます!作ってくれたのは「遊草@鎖音さん」という方です。←リンクでpixivのプロフィール画面に飛ぶよ!



 「美咲ちゃんへ」
中学生最後の日、
自分の名前が書かれた紙が一枚、靴箱の中に入っていた。

美咲ちゃんへ。

いきなりこんなこと言うと変だと思うけど、
私は美咲ちゃんの事がすきです。
一人の女の子として好きです。
いっつもいっつも大好きっていってるから伝わらないかもしれないけど
私は美咲ちゃんと付き合いたいと思ってる。
欲を出すと手をつないでデートがしたい。
キスだってしたい。ずっと一緒にいたかった。
気持ち悪いよね。でも好き。大好きだから
こうして手紙を書きました。
美咲ちゃんの顔を見てると言えなかったから。
明日からはもう高校生だけど、校内で会っても声かけなくていいからね。
迎えにこなくてもいいから。私はがんばるから、美咲ちゃんも幸せになってね。
美咲ちゃんが大好きでした。

ごめんなさい、さようなら。



手紙にはそう書かれていた。
春嘉が自分のことを慕っていたのは知っていたし、
自分も春嘉の事は好きだった。
しかし、それが恋かどうかなんて考えたことはなかったし、
いつも一緒にいるのが当たり前になっていた。

『ごめんなさい、さようなら。』

最後のその言葉だけが頭に響いている。
きっと春嘉は振られると思っている。
自分の気持ちを聞かないで。

美咲は靴をすばやく履き替えると
手紙を握り締め、走り出していた。

―*―*―*―*
「は、るか...!!春嘉ぁ!!!」
後ろから自分の名前を叫ばれ、とっさに涙を拭いて振り返る。
「美咲...ちゃん・・・」
顔を見ただけで涙があふれそうになる。
「なん、で、帰ったのよ・・・」
ひざに手をつき、肩で息をしながら上目がちに春嘉をキッと睨む。
「ごめん・・・私・・・」
「私だって・・・・私だって春嘉の事好きよ!!」
ひざに手をついたまましたを向いて叫ぶ。
春嘉は信じられないといった顔でただ見つめるだけだ。
「なによ私の返事も聞かずにさようならって、私が、どれだけ春嘉の事好きか、も、しらない、で・・・」
後半になるにつれて上ずった、涙声になる。
「ごめん、ごめん美咲ちゃん。ごめんね。」
それにつられたように春嘉も涙声になり、次第には二人して泣き始める。

『ずっと一緒だよ』

二人の間で、そう会話が交わされた。









おまけ




メールであっさり

啓へ
おはよ^^
突然だけど、啓のこと好きなんだ。付き合って??

Re:啓へ
和おはよ
相変わらず突然すぎるね。うん?私たち同性だよね??

Re:Re:啓へ
突然ごめんよ´ω`同性だけど。好きなんだ。
で、返事は?

Re:Re:Re:啓へ
え、本気?ならごめん。私好きな人いるんだ。

Re:Re:Re:Re:啓へ
本気さ本気。
そっか。。。相手同性??

Re:Re:Re:Re:Re:啓へ
うん・・・女性の人。

Re:Re:Re:Re:Re:Re:啓へ
じゃあ私も応援するからさ。相談してよね

Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:啓へ
ありがとう。ごめんね。これからも親友でいてくれる・・・?
ごめん、調子いいよね・・・

Re:ありがとう
うん。これからも親友。でも、
幸せになってくれないと絶交だよ??
それじゃあ仕事いくね





「異性に負けるよりつらいなぁ・・・」
携帯を枕の横に無造作に転がし、枕に顔をおしつける。
「泣いたっていいよね。女のこだもん」
自嘲的に笑い、泣き始める。ほんとは今日は仕事は休みだ。
今日はおもいっきり泣こう、そう決めていたから。

『好きな女性ができたよ』

啓の恋が叶うまえに和に好きな女性ができるのは
そう遠くない未来。


<了>


おたよりや感想はpixivの遊草@鎖音さんの作品からどうぞ!!

そしてpixivの小説部門の企画で「彼女から彼女への手紙」の企画もありますので、どしどしご応募よろしくおねがいします!金払えないけど!w