2017年6月13日
「ユリトピア」というビアン百合ソーシャルネットのリンクを貼りました。僕も参加しています。
2017年2月4日
何も変わっていませんが本年もよろしくお願いします。
2016年2月2日
本年もよろしくお願いします。
2012年7月21日
あの黒歴史SNSこと『Girlx』が別の形で帰ってきた!
かのかのちゃんねるオープン!!
2012年2月8日
サイト内CSSマークアップ改良作業中。
2010年12月10日
あと半年は大丈夫(振り込んできました)
2010年7月19日
サイトデザイン改装中です。
2010年6月1日
チャットルーム必要ないなーと思って消しました。
2009年11月27日
チャットルームをつけました。
2009年11月17日
リンク間違い修正。
2009年11月16日
またしても引越ししました。これからもよろしくお願いします。
2009年2月16日
SNS『GIRLX』:1月31日から続いていたデータベースによる不調(生データのバグ)のため、凍結。経緯はgirlx.jpを参照。
2008年9月15日
リスタートしました。これからもよろしくお願いします。
2008年9月9日
前ブログ時のラブレター移植作業中です。
2008年9月9日以前
前サイトがperfume物件を扱ったという事で消滅しました。ラブレターやコメントについて必死にサルベージ中です。

「彼女から彼女への手紙」について

大人の人も未成年の人もいらっしゃいませ。

このサイト『彼女から彼女への手紙』では女性から女性へのラブレターや、悩み相談などを受け付けています。 もし貴女が、同性への恋愛感情で人には言えない、誰にも話せない、ましてや想い人である女性に心に溜まっている気持ちを打ち明ける事ができないのであれば、『彼女から彼女への手紙』はいつでも貴女のラブレターや悩み相談をお待ちしています。掲示板に寄せられた過去ログを読むだけでもちょっと気が楽になるかもしれません。

密かに恋している彼女宛てにラブレターを書いてみる?

というわけでさっそく気になるあの子へ秘密のラブレターを書いてみましょう。…とは言ってもいきなりは書けないものです。そこで、ノートやパソコンのメモ帳に書いてみて、その手紙をこの場所にコピー・ペーストするという方法を薦めます。他の人がどのようにラブレターを書いているのかを見てみるというのも良いでしょう。トップページのラブレター投稿窓口を用意しましたので、いつでもラブレターを投稿してみてください。

 さん

よろしければランキングにご協力ください。にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

Pixiv ショートストーリー 飴夜菜(いよな)さん作『大好きなあなたへ』

Pixivのショートストーリー

Pixivで募集していた『彼女から彼女への手紙』のショートストーリー企画、遂に参加者が!
ありがとうございます!作ってくれたのは「飴夜菜(いよな)さん」という方です。←リンクでpixivのプロフィール画面に飛ぶよ!



『大好きなあなたへ』


アリサへ

いきなりこんな手紙送って驚くかもしれないけど
ごめんね・・・・



私ね、アリサのことが好きなの・・・・
友達としてじゃなくって、恋してるの・・・


いつも、アリサと一緒にいて、楽しかった。
でも、だんだんとアリサと一緒にいると
なんだか、胸がドキドキしたり、「かわいいねっ!」とか、言われると
嬉しくって・・・

最初は友達として好きなんだと思った。
でも、だんだん違うことに気づいた・・・

私はアリサのこと愛してるんだって・・・



でも、こんなのおかしいって思って、女の子同士なのにって・・・

でも、この気持ちはどんどん強くなるばかりだった・・・

伝えたいけど、この気持ちを伝えたらきっと、
アリサと今までみたいにはいられないかもって、

アリサが私のこと嫌いになっちゃうかも・・・って思ったら
今のままでいいと思ってずっと黙ってた。

これからも黙ってるつもりだった・・・

でも、私、引っ越すから・・・

もう会えないなら最後に気持ち伝えたっくて・・・・
直接言うのが恥ずかしいから手紙に書いたよ・・・

ゴメンネ・・・・
いままでありがとう。
こんな手紙書いて本当にゴメンネ。




               フェミアより



- - -

「あれ?手紙?」

真っ白な封筒が、ポストの中に入ってる。

“アリサへ
    フェミアより。”


フェミアつまり雅(みやび)からだった。
雅という名前だけど、小さい頃周りからフェミアと呼ばれていた。

今じゃ私しかフェニアと呼ぶ人はいないみたいだけど、
でも、もうフェニアは居ない、先週引越してしまったから・・・


封筒のなかを開けて手紙を取り出す。

「・・・・・・・」

これは・・・・・なんで?


「っ!」

急いで部屋に戻って、
フェニアの住所を調べる・・・

ない・・・・
どうしよう・・・

そうだ!学校の先生に聞けば分かる!!

えっと〜学校の電話番号は・・・・


「あ、もしもし、戸田です。先生ですか?」

『あぁ、そうだが、どうした?』

「あの、フェニア・・・浅野雅ちゃんの、住所知りたいんです。」

『あぁ、いいぞ、・・・』



「ありがとうございます!」


- - - -


えっと〜確かこのあたりかな??

フェニアが住んでいたところは元いた所から、
電車で1時間のところだった


えっと〜・・・あった!フェニアの家!!!

少し緊張しながら、チャイムを押す。


ピンポ〜ン


「は〜い!」

ガチャッ

「っ!ア、アリサ?!」

「お久しぶり!フェニア!!」

「え?!な、なんでここにいるの?!」

フェニアは驚いているようだ、

「手紙ありがと、フェニアの気持ち、ちゃんと伝わった。」

「あ!!あ、あの・・・・ごめん、あんな手紙・・・
 ごめん、私、変だよね・・・・」

フェニアは、涙が出そうなのを抑えて、あやまった。


「・・・ほんとだよ、意味わかんない、あんな手紙、」

「ゴメン・・・」

「なんで、あやまるの・・・
 どうして、引っ越しから言うの?」

自然とアリサの目から涙が零れ落ちる。

「え?アリサ?」

「嫌いになんかならないよ、なれるわけない、
だって、だって、」

アリサは、途切れ途切れの言葉で言う。

「手紙もらって、嬉しかった。すごく、すごく、
 だって、私も、好きだから、 
 フェニアのこと、大好きだから、」



「っ!」

「だからっ!フェニアが引っ越したとき、
 すっごく、悲しかった、家で、ずっと、泣いてた、」 

「・・・嘘?」
フェニアは驚きと喜びで声が震えた。


「私がフェニアって呼ぶ理由知ってた?」

「え?」

「私だけが、フェニアって呼んでるっておもうと
 私だけ特別なんだって想うから、
 だからなんだよ。
 私は、私も、フェニアのこと、愛してる。」


「っ!ア、アリサ・・・・う、うわぁーん」

フィニアはボロボロと大粒の涙を零した。

まるで、子供のように泣いた。

「フェニア、」

アリサはフェニアを優しく抱きしめた。

「アリサァ〜大好きぃ!ずっと、ずっと、」

「私も、大好き。」



              (了)



おたよりや感想はpixivの飴夜菜(いよな)さんの作品からどうぞ!!

そしてpixivの小説部門の企画で「彼女から彼女への手紙」の企画もありますので、どしどしご応募よろしくおねがいします!金払えないけど!w


JUGEMテーマ:同性愛/レズビアン/百合/ガールズラブ