2017年2月4日
何も変わっていませんが本年もよろしくお願いします。
2016年2月2日
本年もよろしくお願いします。
2012年7月21日
あの黒歴史SNSこと『Girlx』が別の形で帰ってきた!
かのかのちゃんねるオープン!!
2012年2月8日
サイト内CSSマークアップ改良作業中。
2010年12月10日
あと半年は大丈夫(振り込んできました)
2010年7月19日
サイトデザイン改装中です。
2010年6月1日
チャットルーム必要ないなーと思って消しました。
2009年11月27日
チャットルームをつけました。
2009年11月17日
リンク間違い修正。
2009年11月16日
またしても引越ししました。これからもよろしくお願いします。
2009年2月16日
SNS『GIRLX』:1月31日から続いていたデータベースによる不調(生データのバグ)のため、凍結。経緯はgirlx.jpを参照。
2008年9月15日
リスタートしました。これからもよろしくお願いします。
2008年9月9日
前ブログ時のラブレター移植作業中です。
2008年9月9日以前
前サイトがperfume物件を扱ったという事で消滅しました。ラブレターやコメントについて必死にサルベージ中です。

「彼女から彼女への手紙」について

大人の人も未成年の人もいらっしゃいませ。

このサイト『彼女から彼女への手紙』では女性から女性へのラブレターや、悩み相談などを受け付けています。 もし貴女が、同性への恋愛感情で人には言えない、誰にも話せない、ましてや想い人である女性に心に溜まっている気持ちを打ち明ける事ができないのであれば、『彼女から彼女への手紙』はいつでも貴女のラブレターや悩み相談をお待ちしています。掲示板に寄せられた過去ログを読むだけでもちょっと気が楽になるかもしれません。

密かに恋している彼女宛てにラブレターを書いてみる?

というわけでさっそく気になるあの子へ秘密のラブレターを書いてみましょう。…とは言ってもいきなりは書けないものです。そこで、ノートやパソコンのメモ帳に書いてみて、その手紙をこの場所にコピー・ペーストするという方法を薦めます。他の人がどのようにラブレターを書いているのかを見てみるというのも良いでしょう。トップページのラブレター投稿窓口を用意しましたので、いつでもラブレターを投稿してみてください。

 さん

よろしければランキングにご協力ください。にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

pixiv 小説部門で「彼女から彼女への手紙」の物語を書こう

お知らせ
詳しくは下記参照(pixivアカウント必要あり:無料:絵を描かなくても大丈夫)ですが
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=110124

内容を転載します。

私が運営しているサイトに『彼女から彼女への手紙』というのがあります。

http://letters.perceptron.lovesick.jp/

2005 年の11月からだからもう5年になるのでしょうか。当時、同性愛やレズビアンを扱ったサイトはモロにレズビアンのサイトばかりであり、本当は自らのセク シュアリティに気付くためには長い、学校生活や社会生活で少しずつ気付いていくものではないかと思い、同性愛で片思いをしている人からラブレターや恋愛相 談を募るサイトとして『彼女から彼女への手紙』を運営する事にしました。
幸いながら、世の中はかの有名な『マリ見て』のヒットからアニメやマンガ の百合の流行、雑誌も「百合姫(今月号から新しくなりました)」や「つぼみ。」「ひらり、」、その他アンソロジーと専門雑誌が揃ってきて、2005年から 見ると何だか百合や同性愛に対する考えが少しずつ変わってきたなと思います。

ではこの企画目録は。

まあ、らぶらぶちゅっ ちゅでファンタジーな百合SSもいいですが、ちょっとだけ現実的な、同性に恋をしても、関係が壊れるのが怖くて言い出せない、それが普通だと思います。特 に学生の場合は他の人にバレたなら、いじめに繋がるケースもあると思います。だから誰もわからないインターネットでその気持ちをラブレターにする。

そのような本当に普通の女の子の話というのを読んでみたいなと私は思います。
まあ、企画に参加せずとも百合でそういう話を見られれば、十分です。

で、 それでですね、サイト『彼女から彼女への手紙』はちょっとコンテンツ不足で、ラブレターを待つというサイトの作りから動きが全くないんですよ。最初は2 ちゃんねる同性愛板のコピペなどをやっていましたが、数年前にやめて、今のサイトは3代目なんですけど、1代目に書いていた読書感想文はサイト丸ごと削除 されたという(笑:少女セクトや最後の制服などの感想を書いてました)

なので、お金は出ませんが、『彼女から彼女への手紙』のために物語 作ってくれたのなら嬉しいなと思います。彼女から彼女への手紙タグで投稿すれば直ぐにコピペするというわけではなくて、物語の最後に(了)とつけてもらっ て、PSとして「彼女から彼女への手紙」掲載可と書いていただければ、こちらからメッセージでコンタクトを取ります。どのように掲載するのが望ましいか、 という相談ですね。

まずは…サイト『彼女から彼女への手紙』をご覧になってください。
悩み相談ではちょっとした嬉しい事が2回ほどありました。同性が同性を好きになるという事は辛い事でもありますが、うまくいく、折り合いをつける事ができる、そのような可能性も0ではないのかなと運営している私は思うのです。

そして、企画に参加してくれるのであれば、嬉しいです。

そう、もう5年になります。静かなサイトですがいろんな事がありました。perfume関連記事を書いたらいきなりブログ消されたりね(笑)
5年間やってきて、例えばラブレターを受け取ったり、悩み相談で話して、それが上手くいったりして、相変わらずこのサイトは人気無いんですけど、長いことやってきてよかったなと思います。惜しむらくは僕がブライダル会社に勤めていれば、形だけでも女性同士の結婚式をプランニングできたのになと思います。上に怒られるでしょうけどね。今はニコニコ動画とかあるんでリアルタイム結婚式とか出来るかなと。そんなのは、現在無職の自分にとっては夢のまた夢ですけど、2人でウェディングドレス着て指輪の交換とか誓いキスとか、社会的な保障は何一つありませんが、なんでしょうね、幸せそうに微笑む女性カップルが見たいなと思います。そして結婚式は2人で生きていこうとする、その決意になると私は思います。本当に。人には言えないけれど、薬指にはめた指輪を見るだけで何だか元気になれるじゃないですか。数年後、社会的な圧力でどうしようもなく別れることになっても、その時の永遠の誓いは永遠のままです。

結局は結ばれる2人が幸せであればいいなと思うのです。
これからも「彼女から彼女への手紙をよろしくおねがいします」


by 樫木沙帆(管理人) 2010年6年目の挨拶に代えて。
pixiv id http://www.pixiv.net/member.php?id=216824



JUGEMテーマ:同性愛/レズビアン/百合/ガールズラブ
 

| 1/1 |